FC2ブログ

まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

06/08/11

 通勤時の8kmを差し引いても、『MB-AC』探すのにチャリンコで20km以上走行してるよ。どんだけカロリー消費したんだか _| ̄|○
 別に今買わなくても……って冷静に思っちゃ負け。予約も無く余裕で買えると思って、店頭から姿を消されたら欲しくなるってもんだ。……確か『ディスガイア』ん時もそうだったなぁ orz
 肝心な中身だが……下記しとくので、そちらを。

 さて、私的な格ゲー論もとい仕様も無い愚痴でも。

 今作に限らず(今の世代の子なら抵抗なさそうだが)覚える事=システムが多過ぎなのは相変らずで、脳内がオッサンな私にぁ辛ぇっすよ。勿論システムが多いのは一向に構わないのだが、最近の作品には「システムの殆どを憶えてないと『遊び』にならない」てぇ事になるのがネックだ。
 格ゲー暦こそ長いものの、昨今のルール・対応策の多さに頭が痛くなる(「歳だ」とか言うな!)。それが面白さに繋がると良いのだが、下手すると「煩雑」になるだけにならんかと不安で仕方が無い。どういう時になにをするのがベストなのかの手段は多ければそれに越した事は無いのだが。
 『KoF』シリーズの人気以降、『マーヴル』なり『GG』なり(個人的にはPS版『あすか120%SP』あたりからw)いわゆる「コンボゲー」が主流になってしまい「先に連撃を入れたモン勝ち」とかになっちゃうのは寂しい派だったりする。リュウの脚払いをニュートラル立ちで避け⇒近付いてSPドライバーでフィニッシュさせて脳汁出してた世代なのでね。
 攻撃手段を増やすのは良いが、じゃあそれに対する防御手段を対で作っておいて欲しい今日この頃。連撃喰らったら、地上にダウン(若しくは死ぬ)迄、指を咥えてボケーっとしないといけないのはマジ勘弁。……KoFとかKoFとかKoFとかな!ヽ(`Д´)ノ
 なので、「2段ジャンプ」がある=一度連撃喰らったら「お願い、地上に降ろして!」と叫ぶしかないコンボゲーだと思ってるんで、なるべくその系列はやらないように勤めてきた。……私ぁエリアル出来ないのな、何度練習しても (ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻
 あと頼むから、ゲーセンには対戦用の台の他に練習用のスタンドアローン台を置いてくれ。初心者が100円払って、「さて遊ぼうかしら」と思ったら最初のCPU戦もさせずに圧倒的な上級者に乱入され、数分も経たずに(それこそ秒殺)狩られてしまい「もう二度とやるもんか ・゚・(ノД`)・゚・」と、お金出して不快な気分になった時のあの「絶望感」というか「金返せ感」というかは、みていて切ねぇ。……あ~勿論体験談デスよ、ハイ! そうなると、黙って席を立った後に動かない人形をボコボコにしている相手側の席の後ろに廻って「マァ上手デスネ」と拍手する事で辛うじて精神を落ち着かせているがw
 初心者離れっていうか(アーケードの台とかの場合)「この娯楽は気軽に始められません。それなりのやる気と根気(と資金)が必要です」って感じのオーラが強いような現状だもの。今更『VF』とか『鉄拳』とかもヤル気にはならんよねぇ…… orz 取り敢えず、通信対戦できる麻雀ゲーみたいに「対戦拒否」 出来るシステムは欲しいぜ(店側の瞬間売上は落ちちゃうかもだが)。

 じゃあどうすれば良くなるか、なんて簡単には言えない。ハードルが高ければ、それはそれで上達する楽しみにも繋がるのだしね。
 せめて、システムを熟知しなくてもソコソコ楽しめて・じゃあシステムを巧く使いこなせると脳汁出るような華麗プレイが出来るって事になるのかしら? 難しいよな。
 ……と、ロートル格ゲープレイヤーの嘆きの呟きでしたとさ。


・今日の消化品

■漫画単行本『HELLSING 8/平野耕太』
 マクスウェル死亡から「ふはは、アーカード! オレは人間を辞めるぞぉ!」的に変神しちゃったアンデルセン辺り迄。表紙が司教&神父だしね。
 付属のイラストカード見て吹いた。セラス・ウォルターは兎も角、明らかにヘルシング卿(まぁアーカードも)は奉仕する側じゃあないし、する気も無さそうだわな。……怖ぇよ、こんなメイドさん! 声ハマーン様だしさ!

■PS2ソフト『MELTY BLOOD Act Cadenza/ECOLE&TYPE-MOON』
 いや~、探した探した……。街中駆け回って入手。
 元がアーケード版って事で製作クレジットが型月と、何故か格闘ゲーム出したっけ? なエコール。某ガンシューである意味、業界の(アンダーな方の)トップに君臨したトコなんだが……移植具合が心配でならない。ちゃんと芸夢出来るんだろうか……?
 あ~本来、原作(というか元ネタw)がPCでしか遊べなく、いきなりシリーズ3作目な今作(無印『MB』⇒『MB-ReACT』⇒以下今作は『MB-AC』表記)がコンシューマ移植なんで、マニュアルの4割の内訳が、原作本編(『月姫』&『歌月十夜』)ストーリーの紹介が2頁(えええ!!)とファンには御馴染みの用語集が14頁。用語集は新規項目もあるものの「買い」と迄いかない簡素(且つ若干判り易く)なモノで、関連項目もMB-ACのが主。
 基本はベタ移植 orz MBの基本シナリオは『無印』をやるしかないのでした(って事で『Re-ACT』のG秋葉モードとかもナシ)。
 オプションで、オリジナルのアーケード版モードと、更にそこからバランス(と無限コンボ防止とかの)調整した家庭用バランスが選択可能。
 他、2P乱入アリのストーリー用『アーケード』、対戦用『ヴァーサス』、練習用『トレーニング』、延々敵を倒す『サバイバル』等の「格闘芸夢としての基本」だけは抑えてある模様。『スペシャル』はまだ買った時点では解放されていない。
 ぱっと数分遊んだが、私の耳がおかしくなければ、何か音声部分の出力だけ微妙な感じが……(BGMとかSEは変な違和感は感じない)。ちょっと曇った感じに聞こえるなぁ。デモ部分がフルヴォイスに(中の人は無印・Re-ACTと同じ)。ロード時間も、まぁ気にならない程度の長さか。
 あ、アナログランプ点灯してても、コントローラー部のスティックは使用不可なのが注意(無印・Re-ACTは可能だった)。いや、まぁ。コントローラーでやる芸夢じゃないとは持ってるから、構わないけどね。あとカラーが20色も増えてる。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/12(土) 06:33:09|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

まついち

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。