まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

09/06/09 未来を切り開くっ!

「娘さんを下さい」 ⇒ http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-868.html

 ……ネタをゲラ笑おうとして触ってしまい、迂闊にも泣いちまったぜ、畜生。何だよ、普通に良い話じゃんかー、もーっ!
 「現実は小説より奇なり」って事で、途中物凄くドラマチックな展開です。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。 シアワセニナ


 HG『エクシアR2』、製作中。……あれ、ヴァカ羽とかは?www いいんだよ、ノリだろ、ノリッ!

 2年前の模型ながら、やはり組み易さ・プロポーション・稼動範囲・装備充実……等など出来は良い。
 しかもランナー替えの使いまわしどころか、新しく関節を増やしている(太股上部にロール関節を追加っ!)という、久々に「本気」な感じが良い。……こうでなくっちゃさぁ。今頃『金アストレイ』とか出してる場合じゃ無いって。


R2途中


 塗装部分は、ほぼマーカーと筆塗りで。……正直この大きさだと、いちいちサフ吹きが面倒なのよね。
 モールドの彫り直しと墨入れだけで大分見た目が良くなる。ただ細かい部品が多いんで結構繊細に扱わないと、良く飛んでいく(そして行方不明に)。

 何故かHGシリーズの中で、エクシアだけ首パーツがABS製(他は全部ポリパーツ)なんで、途中から切断して2mmほど延長してみる。……ちょっと長くなってしまったかも。
 でも首が短いと、胴体に埋まった感じがして窮屈そうなのよね。

 毎回、クリアパーツ部分が(自分が組むと)イマイチだったんで、今回は塗装じゃなくてキット付属のシールの替わりにメタリックテープを張る方向に。……こっちの方が綺麗に発色するなぁ。
 テープの上に付属のシールを貼り付けてゲージ代わりにし、デザインナイフで同じ形に切り出して張るだけ(胸部だけは幅が足りなかったんで泣く泣く塗装)。

 頭・胸部はノーマルエクシア(以降『無印』表記)と一緒。ただ胴部背中側のパーツがABS⇒スチロールに(無印と形状は一緒。……何故に?w)なり、ブースト状態のGNドライヴ部は新規パーツ。ドライヴを固定している爪部分が一体整形なので、塗るのが面倒。

 リアアーマーは『R2』になり粒子噴出口がつくので新規。ただ、無印と違ってGNサーベルが付く構造じゃないので固定の1パーツに。
 無論動かしたいので、切り出して裏打ちした後にABS製のジョイントで可動するように加工する予定。
 恐らくだが……今までどおりに、1mm真鍮線+ポリキャップの方が断然簡単な気もしてきたが orz


 『逆転検事』、4話迄進み過去編終了。……一番詰まる事なく進めたなぁ(推理ミスは2回位)。

 アレコレ書きたいけど、殆どネタバレになるから自重。
 ハルミたんが居ないから寂しいが、炉分は4話の冥と美雲で補充。

 因みに時系列として、第1話が『3』終了時から1ヶ月後の話で、勿論『4』よりは前になる。スピンオフ作品なんで、どうしても気になる方は……発端で有る移植版『1』と、直前の話である『3』あたりはやっておくと吉かも。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/11(木) 03:46:54|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<09/06/11 段々使うアルファベットが減っていく | ホーム | 09/06/08 風よりも疾い翼 炎より熱い心>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsu1.blog6.fc2.com/tb.php/1006-328ae5e4

まついち

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。