FC2ブログ

まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

09/07/22 色々ー

榊ナイスブルマ

 SSは、新装版『あずまんが大王』の2学期より。榊さんの「ナイスブルマッ!」

 ……先日日記にも書いたけど、ゲッサン2号を買いそうになった。さすがにこの1ページならぬ「1コマの為だけには雑誌は買えない」と、脳が冷静な判断を下してくれなかったら、そのままレジに走っていたかも。


 【原作を大幅に改編して上手くいったアニメって何がある?】
⇒http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-3415.html

 「大幅」がどのくらいのか、とか「上手くいった」がどの程度なのか曖昧ながら。原作と映像版との両方を見ている作品だと、ちょっと古くなるけど……。

 『ミスター味っ子』とかは、どうだろう。アニメ用にキャラを足したりしてるし、何よりも食事のリアクションは未だに異常。
 同監督の『ハーメルンのバイオリン弾き』(TV版)も「ギャグ抜き・(原作が未完結なんで)オチ改変」など相当改変されてるけど……そもそも監督が原作クラッシャーの称号持ちなんで無問題。私は非常に好きだが、マイナー作なんで商業的に成功なのかどうかが不安w

 『ギャラクシーエンジェル』(『る~ん』除く、1期~4期)もアニメ版は一度も本編に触ってないんで、大幅改変……というか、同じ登場キャラを使った別物と考えるのが良いのか。

 ……新しい作品を知らないから、意外と出ないなw
 結局「アニメと原作は別腹」というのが通例なんで、出来上がった作品は変な眼鏡をとおして見ない事が重要なんだけど……それじゃあ「作品の名前」という看板を使う事に対する云々も有ったり無かったり(ゲーム作品のアニメ化に多いような気がする)。

 でもレスでも言われてるけど、結局原作通りになぞって作っても「紙芝居やん」みたいに文句言われる作品もあったりする。昔の「アニメまんが」と呼ばれていた時代の手法だぁね。
 そういうもの私は好きだけど、そんなんならドラマCDなどで済む事もあるし……確かに難しいわなー。

 私自身「映像作品は動かしてナンボ」だと思っているんで、日常の風景とか会話とか、ちょっと想像の出来ちゃう世界の映像化なんて、何かしら余程特別な理由が無い限りは、そんなに惹かれない。……なのでTV版『今日の5の2』とか、『みなみけ』2期以降は観てないし。
 アニメ化としての必要性を考えた時に「ああ、原作の宣伝乙」とか思う事もある。「え、こんなんに声つけたり動かす事に何の意義が? 誰得?」というスグに余計な事を考えちゃう嫌な視聴者なんでwww


 金田伊功氏、急逝。
⇒http://www.anido.com/html-j/news2009-j.html
 ちょ、えええええ。57歳てっ! 早いなぁ、もう。80年代アニメにズッポリな私なので、相当ショック。

 この御方の手掛けたOPといえば、『009』(=サンライズ製作版で2回目のTVシリーズ)や『ボルテスⅤ』『ダイターン3』『アクロバンチ』『モスピーダ』……等など、枚挙にきりが無い。最近だと、『ガイキングLOD』のOP後半部分(合体~特攻)なんかが有名かしら。

 枚数が少ないのに動いてるように見えたり、ケレン味ある作画術と光線・炎等を使用した演出、そして空間を動かすワザにはいつもド肝を抜かれる。
 個人の苗字が付いた技法(「金田ジャンプ」「金田パース」等)なんて、そうそう無いんだし、こういう人は……アレだ国宝に指定してやってくれよっ!

 もうビッグネームが亡くなりすぎだなぁ、アニメ界 orz
 ご冥福を祈ると供に、今夜はHDDから動画集を掘り返しておくとする。


 『三国志大戦3』、明日のVU前に昇格戦。

 2連敗⇒2連勝⇒昇格戦発生で負け orz GCBん時もそうだったけど、まぁいつも事さ。一発で行けれるなんて甘い甘い。

 今日はVU合わせの初デッキだった事もあって、全くもってgdgd。個々のカードの役割から動かし方から覚えなおさないと駄目だね。
 用意したのは反計天意とテンプレ魏呉機略。号令で勝てたイメージが無く、ずーっとワントップ型で遊んでたんで、足並みが揃わない事、揃わない事 orz ……早く慣れないとな。



・今日の戦利品

■漫画単行本『あずまんが大王 1年生、2年生(新装版)/あずまきよひこ』
 原作自体の古さもあってか、どうやらデジタル原稿じゃないので、描き下ろし部分はホワイト修正からの上描きだったり、コマ切抜きだったりするのを聞いて感動した。
(本人サイト/ブログ⇒)http://azumakiyohiko.com/archives/2009/07/20_1900.php
 ゴミが出なかったり気軽に描き足しが出来るんでデジタルの方が圧倒的に便利なんだろうけど、私ぁ未だにアナログ派なんで、手元に原稿が有るというありがたみとかいうか、懐古というか。何か不思議に気持ちを共有した感が有ったり無かったり。

■同上『コイネコ 5、6/真島悦也』
■同上『オニデレ 4/クリスタルな洋介』

スポンサーサイト
  1. 2009/07/23(木) 20:38:45|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<09/07/23 打つべし撃つべし | ホーム | 09/07/21 ポンポン、イタイイタイ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsu1.blog6.fc2.com/tb.php/1029-6b56b3ec

まついち

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。