まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

09/08/19 恐れを知らない 戦士のように

 珍しくスポーツの話題でも。……つーてもお察しの通りアレなんで、スポーツ好きの方は飛ばして下され。

 さて、今年は母校が甲子園に出場しましたよ~。確か創立してからは初だったりするので初戦突破も初めてだそうで。オメデトウゴザイマス(←超棒読みで)。早速後援会から「金頼む」の封筒が来てましたな。

 私ぁ興味の無い事に対しては頗る無関心なんで、正直職場で上司から「試合観たかぃ?」なんて聞かれると非常に困るわけでして。……勿論見たフリはしておきますよ、社 会 性 を 問 わ れ る ので。円滑な人間関係を維持して生きるのって辛いなぁ。
 どうやら、2回戦で強豪とブチあたって負けてしまったので、次ん時に聞かれたら「最終回に逆転されて残念だったデス」とか言う模範解答を用意しておかねば。

 ……なんていいますか、スポーツ好きな方には特に多いような気がするけど「誰でも彼でもスポーツが好きだと思うなよ」とw
 でもそんな事(スポーツ嫌いな事)をチラリと言いでもしたら、今度は「信じられない」とか「心が曲がってる」とか「引き篭もりネクラ人間」扱いだし。最後のだけは真実なんで否定はしませんがっ!!

 勿論、純粋に体を動かす事は好きだけど、集団球技とか記録競技になると話は別。チーム制の場合、私が入る事でペナルティーになるんで、特別ルール(ボールの優先権とか、点数差等)が施行されたりもするくらいだからね。……良かったな、ワシ。メンタルマゾでw

 自分自身、幼少の頃から非常に体躯に恵まれてないせいで、学校の体育の授業で習う時に限らず、友人と一緒になって遊ぶようなライトな感覚の時ですら、何かと足手纏い扱いというか運動音痴というか。
 先生とかコーチングの人から「どうして○○出来ないのか?」とマジ顔で聞かれたり疑問符を投げかけられると、ダッシュで逃走後、部屋に引き篭もりたくなる衝動にかられるわけでして。そん時ぁ無論、心の中で「死ねば良いのに」なんて呪文を繰り返し唱えながら笑顔で応対ですよ、トホホ。

 そうそう、教師にしろコーチにしろ「運動を教える人」って、やっぱり体を動かす事が得意だから、その仕事についてるわけじゃないですか。
 例えば「こうすれば速いシュートやパスが打てる」「こうすればまっすぐにゴールを狙える」とか教えられると思うんだけど……私みたいな運動音痴とか虚弱なモヤシっ子は「重くて用具が持てません」とか「パスを受けたら体が腫れ上がりました」とかいうのに対しては、もう指導出来ないんじゃないかとw 私ぁ他の同年代の人とスタートラインが違うというか、基本的な体の動かし方が間違っているというか。
 文章だとなかなか伝えられないけど、私が懸命になっている姿が、努力すればするほど滑稽に映るようで、どうにも面白パフォーマンスの方向に見られガチだったなぁ。本気で取り組んだ行動が面白の方向に取られる事程、心が痛む事は無い。

 スポーツに対してそんなトラウマが多いし、ちょっと前までだと野球中継で録画時間がズレた時なんかは、心底無くなってくれて結構なんて思っている腐れ人なんで、母校が甲子園に出ようが別に知ったこっちゃ無い。別クラスの友人が脳筋野球部員のパシリとかさせられてたから、良いイメージなんてありませんぜw

 スポーツ嫌いとは言っても、実際にスタジアムで試合を生で観戦したり、プロ選手の凄いプレーやエピソードを見知る事にはそれほど嫌悪感はない。寧ろ、自分じゃ到底並び得ないファンタジー世界の話だという風に感じているからかもしれないが、矢張り心が躍ったり憧れたりはする。
 ……あーでも、甲子園球児の直向きな姿は、反面自分と比較して死にたくなるから、コレだけは勘弁なw あんなんピュアすぎてワシには強すぎる。飛行石の光を眩しがるポム爺さんみたいになっちまうぜ。

 ……等など、今月のYKアワーズ内の『それ町』を読んでて思った次第。あーこんな気持ちだった、こんなんだったw
 私が現役学生の時に、確か「あと1回勝てば甲子園出場」迄行ってて、そん時に主人公と同じ心情だったわぁ~。

 ちなみにウチにはスポーツ漫画が数えるほどしか無い筈。
 多分、全体的に共感し難かったり、キャラに感情移入出来ないからなんだろうなぁ。


 『三国志大戦3』、君主カードが5代目に。

 先日、排出有りの半額セールにかこつけて、友人と半日(本当に12時間位)篭っていた。昇格戦に5度敗れ。肝心な時に緊張が災いして全然駄目になる。昔からそうなんだけど、何とかならんもんか。

 未だにメインは魏軍だが、新カードが来やしない。交換したりゴミ箱を漁って漸くって感じなのは何故なんだ?w


 先日読んだ『ムダヅモ~』アニメ化で監督が水島努氏だとか。原作者繋がりだと『大魔法峠』ですな(世間的には、初期の劇場版『クレしん』が有名か?)。

 『大魔法~』のOPで色々な名所や建築物を燃やしてくれた、この人なら、原作の破天荒っぷりを任せられるっ!w
 どうせTVに流せない内容なOVAになるんだろうから、原作の色々な無茶の再現をやって欲しいなぁ~。キャストが気になりすぎるっ!


 アニメ版OP曲が魂に響いた事もあって、今更ながら『ぼくらの』をイッキに読破(すいません、つまんない駄洒落です、すぐ死にます)。本当に今更だけど、まぁいつもの事なので。
 それに、原作は丁度先月号で完結してたのが幸いだ。あんな胸躍る展開な欝漫画なんて、毎月待ってられんわっ!www

 巨大ロボ物だった事・平行世界モノだった事、この2点だけで食指が動く私。勿論、ジアース(主人公達が搭乗するメカ)や敵が自分好みの造型だったり、思春期真っ只中な少年/少女が主役だったり、毎回 欝 展 開 が 神 過ぎて読むのに大量のガッツが必要だったりする事も含めてだが……気付くと夜が明けるまで読み耽っていたんで、充分に面白かった作品。

 近未来の日本を舞台に、地球を救う為に謎の敵性ロボットと戦う巨大ロボットの操縦者として選定された少年少女が主人公達……と、最初のあらすじだけ書くと、普通に「ロボ漫画」のテンプレみたいな感じだなぁ。誰っ!? バイファムとか言うてるのはっ!(全然違うからねっ!)

 原作は15人のうち、毎回一人一人をピックアップして連作していく手法で展開。極限状態において生死を目の当たりにした少年少女の描写が生々しい。
 青春・ハートフルなんていう単語なんて一切ありゃあしない。良かった探しなんてのとは逆ベクトルでして、ダークな欝漫画大好きっ子な私には、毎回がゾクゾクしてたまらない。
 私的にはナカマやカナ辺りがお気に入り。……だが、畑飼だけは許さねぇ、絶対にだっ!

 アニメ化もしてるそうで。ロボ物は動かしてナンボなんでアニメ化はアリだと思うけど……劇中で未成年(主人公は10~14歳)が結構キツい事してる描写が多いんだけど、どの程度ソフトになってガッカリするのかは不明ながら、観てみたいねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/22(土) 01:31:19|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<09/08/20 三位一体っ! | ホーム | 09/08/16 修羅場と小休止>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsu1.blog6.fc2.com/tb.php/1048-0f21fa84

まついち

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。