まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

05/11/03

 未だ風邪ひき㊥、長引くなぁ。昔から風邪を引くと不思議と二重になってしまう(普段一重瞼)。ずっとこのままにならんものか。……で安静にしたかったので今日も引き篭もるわけだ。息苦しさはなくなったが、痰性の咳が酷い。ゲッホゲホ( ゚д゚)、ペッ
 ちょっと油断すると悪化しそうなので、毛布に包まりながら作業部屋に篭る。結構温かいっていうか、ちょと汗をかく位。……これがウォームビズなのかもしれん。
 そんな折、TCG交換呼び出しとかお仕事メールが入ったりして明日からも大変そう。……そろそろ完治してくれないかなぁ。
 
 サブHDDがイイカンジに一杯一杯だった(120GBでアキが75MBとか)ので、色々カキカキと執筆しつつ整理。ちーとも捨てるモノが無くて焼こうにも、借りてきたDVD焼き過ぎて50枚も有った空ROMが無くなってたし!! ……仕事上がりに買いに行こうか orz

 良く遊びに来るネ友が「PS2版『連ザフ(機動戦士ガンダムSEED 連合VSZ.A.F.T.)』予約したので、買ったら持っていく」と連絡をくれた。
 多分アストレイ3人娘のマユラしか使わない予定。機体は……多分一番好きなハイマニュ(ジン・ハイマニューバ)は出ないだろうから、次点のゲイツとかになりそう。あ、スト紅(ストライクルージュ)でもええか。

 Web漫画配信していたぺんぎん書房(『SEEDコミック』な)が倒産したらすぃ。このあおりで作品の最新巻とかが出そうに無い事を知って凹んだ私。
 もうね『キャプテン』とか『メスト(=ゲーメスト。厳密に言うならコミゲ=コミックゲーメスト)』の時にも感じたけど、才能が大人の事情で潰されるのは本当に勘弁。
 漫画家っていうのは、実は原稿料っていうのが仕事量と比較しても割に合わず、実質は単行本の印税で生活しなくてはならないのが大半なのだが、雑誌社が潰れると単行本も回収され絶版扱いになる(店舗にある分だけなので、買うのなら今のうち!)ので、急に収入がゼロになるのが怖い所。執筆先が見つかるといいな……。


 『フタオル』。DVD箱後半買ったので、今頃に全話観た。
 そもそもが「オリジナルの『双恋』を知っていてナンボ」なわけなので、一般受けとかそういうのを排除して考えなくてはなら無い(ここは大抵否定意見だが)が、差し引いてもUFOテーブル(担当したアニメ会社)のクォリティの高さは相変わらず。設定ぶっ飛ばしといえば、「病弱だった双樹が、こんなに元気に!」とか「るる・ららが年齢不詳だったのは、某国の秘密エージェントだからか!」とかな。
 お話自体な10話から急展開なので、それまでのマッタリ感とのギャップが好き。
 あと、やたら脇役が濃いのも特徴。針山・木下のポリコンビ、組長・若頭なんてランバ・ラルとシロー・アマダだしな。霧島さん(公彦の秘書)が好きだな、私ぁ。


 ヒロインが人妻で魔法使いでおねえちゃんな『奥さまは魔法少女(以下『おくましょ』表記)』を鑑賞。監督が『あずまんが(TV)』の人、画は『ウテナ』の人だったりするのだが。……何だこの恥女ぶりはっ! もうね女子どもがエロ過ぎ(特に後釜の魔法少女=紅さやかタンね。小学生とは思えん迫力満点ぶり)。いや嬉しいが。
「流石、エロ河童な君だから買うだろうと思ったよ」
ってダチに言われたけど、
「買ったんじゃない! こんな青少年に悪影響を及ぼしそうな作品が世に出る前に回収したのだよ。いわば世界平和の為のボランティア? (゚∀゚ )」
とか、苦しい言い訳いったら「ふーん(´ι _`  )」って鼻で笑われたわけだ。 貴様だって、清水愛なさやかにハァハァしていたジャマイカ! orz
 ……付属してきた嬉子さんの中の人のDVDが更に破壊力満点。まぁ作品のベースになった舞台でPV撮っているワケですが。ロングスカートとカーディガンが似合うなぁこの人(*´д`*) 最後にチラッとアニエス(嬉子の変身後)の格好する辺り、この人本当にコスプレ好きなのな orz


 『まぶらほ』、半分(6巻=12話)の1クール分迄レンタルして観てみた。
 後に『まほらば』(紛らわしいな、オイ)も担当した、『ハンドメイド・メイ』のキムシン監督作品だからって理由だけだったりもする。駒都氏の画のファンなので、正直アニメ版の画はどうでもええところだ。
 原作は……1巻だけ読んだ事は過去日記にも記載しておいたが。『魔力至上主義』っていう世界設定は好みなんだがね、どうも1巻だけだと馴染めなかった(むしろ筆者の独逸好きな部分がウザく感じた程だったしね)のがナントモ。アニメ版みたいに普通に学園の話から描けば、キャラ色も出せて良かったような気がしたが。
 ともあれ、動かしてもそうそう替わるはずも無い。太助(=『まもって守護月天』の主人公。TV版の中の人が同じ)みたいな只管受身系な主人公にイライラしつつ(もっとイライライさせるのが、人間的にかなり腐っている主人公のクラスメイトどもだが)今の所はうわべだけなぞったような「おしかけ系・駄ハーレムアニメ」の名に恥じない出来だとは思う。……最近の子はこんなんで満足なんだろうな orz
 半分迄行って、原作にもあった「主人公、魔法使い過ぎて肉体消滅⇒魂だけの存在」迄行ったので、後半は体を取り戻す話になるのかしら?(原作にもあるエピソードだが、そこまで読む気にならんのな)。自分のお気に入り娘がエリザベートなのは、中の人がこやま嬢だからだ。……今後に期待。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/04(金) 01:58:11|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<05/11/04 | ホーム | 05/11/02>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsu1.blog6.fc2.com/tb.php/184-d254b57a

まついち

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。