まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

07/09/09 ボブとアダムスキーと

 昨日(9/8)の深夜に即席麺タイプのカップ塩焼きソバを食べて以来、ずーっと腹の具合がおかしい。
 こう……撲殺天使の頭頂のわっかを取り外した状態というか、テュッティさんのフレキじゃない方のファミリアとか、まぁそんな感じ。
 うん、ものっそい下痢なんだ。こんなに酷いのは久しぶり。食べた物をもれなく水状に変換する仕事になったようです、私の体 orz
 寝ている間に漏れたら、死のう(切実)。


 お仕事が修羅場。
 今月は奇数月で一本多いのと、なにやら月曜にスライドされる振替休日が2回も有るらしく、そのせいで締切日が前倒しになる感じらしい。10/10が『体育の日』じゃなくなったスライド休日方式なんて死ねば良いのに ヽ(`Д´)ノ

 なので今日は実家に戻れたが、明日から数日は再度別荘暮らしの予定。


 フライルー(=TR-5)の為にディテールパーツ(模型の部品)を買いに最近お気に入りの模型屋に行って来た。
 ちょっと2~3個のパーツを買っただけなのに、キット(模型本体)よりもお金掛かってるし~ orz 良くある良くある。

 ただアルミ材からの削り出し品なので、それなりに高く付くのは判っていたんだけど……実際金額を記載してみると、結構ショック。

monoeye


 ↑こんなハナクソ(失礼)みたいな部品が3つで800円とか(割引して、もうちょっと安かったYO!)。
 右は同じ材質の硬貨。これと同じ材質でボディーを作ったホンダのミッドシップクーペが大好きデス(全然関係無ぇな)。1000万とか軽く越えるよな、うん。
 中央の銀色のハナクソは右の硬貨が800枚分のウチの1/3。ちっさ!
 左がギャプランヘッドの下顎部分。灰色の部品がモノアイ部分なので、部品を削って替わりにハメ込むんだけど、トサカ部分の部品が大きいのと、顔が小さい・ひさし部分が極端に低い……というかこの灰色の部品は(素ギャプランと違って)可動しないので組まなくても、組んでも見えない事が判明した!

 ……。えーと、「仮組みはしっかり済ませよう」という教訓を得ましたねv
 ・゚・(ノД‘)・゚・
 素ギャプ顔を白く塗る(キットには、ブースターユニット以外の素ギャプランの部品が丸々入っている)……とかも考えたが、ちょっと下顎部分の2本ある上の凸ダボを削り取り、カブト部品の首付近もチョイ削り。あとはモノアイパーツの頭部分(素ギャプランの開閉バイザーとの接続部)を削ぎ落とすと、軽く開く感じにはなったので、このままガンダム顔の方ですすもうかと。
 ……あー、良かった。

 さて、この商品版の原型が載っている雑誌総集編のムックも買って来た。……840円(+税金)。全編フルカラーの冊子なんで微妙に高いし。 orz
 パラ読みしたけど、これにしか乗って居ない情報は特に無いようなので、TR-5のみの設定/情報に絞るのであれば「古本屋で電ホ(=月刊電撃ホビーマガジン)のバックナンバーを探した方が半値で済んだのでは」と買って帰ってから思い出す始末。畜生、又散財かっ!
 このムックの表紙はフライルーのフェイスがドアップなんだけど、何故かツインアイ状態でゼータ顔。……え、こんな設定(設定上、フライルーはもう一機あるけど、ティターンズカラーだしなぁ)有るん? ってかモノアイじゃねーとギャプランにみえねーな、コイツ。

 他にも、MA形態でのみ発生する筈のIフィールド(下記の『ファイバー』ん時ね)が、MS形態でビームを弾くSSが修正されずに残ってたりと、突込み所は満載。……本当に「纏めただけ」なのね!

 落ち着いてから、よく読むと……TR-5は『ギャプランをコアユニットにしたICBMみてーな兵器』との事(=『TR-5 ファイバー』)。要するに、地上からロケットで宇宙まで打ち上げて、目標上空の大気圏から再突入し、そのまま音速侵攻で制圧する……らすぃ。
 「弾道起動による音速侵攻」の為に、「護衛にMS2機を随伴」「単独で大気圏脱出可能」「大気圏突入の際にはウェイヴライダーもバリュートも使わずに冷却のみで対応」「超高速で接近する事でレーダーを振り切る割に、防御用装備が充実」「MSモードになるとIフィールド使用不能・歩行も絶望」……と、もう笑うしかない位にあれこれ「え~」と言わざるを得ない無茶っぷり。
 そもそも劇中で随伴した2機のMS(陸戦用ダンディライアン=マラサイ改と空戦用ヘイズル=後のバイアラン)は、どうやって大気圏を突破&再突入し、隊長機であるファイバーに追いついたのか(「ファイバーに随伴・携行されている」としか表現されていない。ケーブルで引っ張ってんのか?w)。

 なんかもう、プロジェクトセイレーネ(=モノアイガンダムズ)もビックリだぜぇ。
 只でさえ宇宙世紀は、設定と年表でガチガチに固められている制約が有るのに、奔放というか、無節操というかw
 全体的なデザインが凄く自分好みなだけに、そういう頓着の無い所だけが妙に浮いて見える。……気にしすぎなのかなぁ? 

 で、誰か苦しい言い訳詳しい援護射撃出来る方、募集。
 ヘイズル・ラーとかヘイズル・アウスラとかウーンドウォートとか、フルドド・プリムローズを作れちゃうコンペイトウ技術本部は、マジ神。エゥーゴはここを占拠すべきだ。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/09(日) 20:59:26|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<07/09/10 スペースノア級万能戦闘母艦・参番艦 | ホーム | 07/09/08 台風一家>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsu1.blog6.fc2.com/tb.php/660-c012b2fc

まついち

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。