まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

08/03/17 私ぁ『2次元限定』な

 炉だの何だの言われて、最近は「ペ」とか「ショ」もアリになってきたりして、若干ダチから猛烈ドン引き(もう慣れた、さ orz)されてっけど……所詮は2次元脳だからな、私ぁ。
 実際リアル世界で同じ事あったら、そりゃ私だってソイツに焼き鏝とかしてやっても良いと思いますって。……あとは後述!


 実家の冬場の風呂場の寒さが異常だったんだけど、大分緩和されてきたのは、矢張り暖かくなってきてるからかしら?
 流石にもう、部屋の中なのにガタガタ震えて過ごす事は無さそうだ。大きな通りには雪も見えなくなったみたいだし、巧くいけば月末辺りに預けておいた原付を取りに行こうかしら~。

 早くもアチコチ行きたがっている私。思いのほか、休日に原付でブラブラするのが楽しかった模様。



 ビデ倫逮捕とか児ポ法改悪云々で、ちょっと気になったので。所持だけで処罰って……ああ、もう長文になるなぁ orz

 ……じゃあ「一般」とか「基準」って何よ、と。急にだよね、うん。こないだダチとこの話題で熱くなったりしたが。
 ダチも私も『普通』って言葉が、これでもかっといわんばかりに嫌いなのは、自分が社会における最大公約数や最小公倍数に入らないマイノリティー組だって事を嫌と言うほど自覚しているからである。『普通』っていうのは「無責任に言うだけ言っといて安心出来る魔法の言葉」だと思ってる。

 で、感性ってのは十人十色で何をどう感じるかなんて、それこそ人それぞれ。
 でも人間社会という生活集団の中で、多くが嫌悪する事がダメな事として、法律や決まり事が設けられて多くの人に住みやすく……というのも充分判るつもり。
 で、それはやっぱ社会形成の中で統計が取られたり、宗教的な事も相俟って「~~してはイケマセン」が色々と皆で話し合われたり、賢人とか国や組織の代表人が決めたりしてるわけじゃんさ。

 ……じゃあHぃ事とかを感じる感性に関しては、誰が「俺が標準な!」って言ってるの? どうせ誰も挙手しないんだろ、きっと!?w
 『エロの基準点』と申しますか。じゃあ倫理機構なり何なり、持ってると違法になるエロ加減の判断って、曖昧にならざるを得ないじゃんさ~。
 私ぁAVとか借りないし全然詳しくないけど、ちょっと前に「尻穴とヘアの材木(=消し)解禁」とかになったけど、じゃあソコにHさを感じない人(多いか少ないかは知らないけど)にとっては、そりゃあどうでも良い事にはならんのか、と。「俺、AVであにゃるとかおヘアーを映されても、ソコでは興奮しないから、どうでも良いしノーセンキュー!」って人は居るわけじゃん、きっと。少なくとも私ぁ望んでないかなw
 別にビデ倫を擁護しようとかじゃないけど、そうこうしているとネト全盛期になって海外の無修正のが入手しやすくなったり、倫理機構を通さないインディーズ独自のヤツ(漫画で言うなら、「成年コミック」と「18禁同人誌」的な)が出てきたりして、ソッチは放置ってのが納得が行かないし。喧嘩両成敗に全然なってない気もする。

 「お金払ってビデ倫通しても捕まるのなら、じゃあ『独自に規制しました』って言っちゃって、ソッチでやろうじゃん」ってならないか、ソコが不安。そういう風にアンダーな事になると、また(国側がそうやって追い込んだくせに)また変に検挙されちゃって、嫌~な気分になる結果が簡単に目に浮かぶ。

 「どうせ禁じても悪い事になるんだから、隠さないでオープンにして管理しちゃおうぜ~!」が倫理機構のあるべき姿だと思うんだけど……じゃあ機構が無いまま・線引きも曖昧なままに進んでいく事に、ものっそい不安は感じる。そういったインディーズ系列が増えたら、じゃあそれはそれでキチンと取り締まれるのか、と。
 何がアウトで何がセーフなのかが(全員が納得するのは無理としても)明確に決まってて「捕まっちゃうから、少なくともココはギリな!」って有る程度の自主規制なり何なり形骸化されていたのが、崩れちゃうのだろうかねぇ?


 さて、児ポ法関連が本題。……熱心な成年コミック愛読者としては、黙ってられないし、背景におもいっきり成年コミックの並べてある本棚が撮影されてる自分のミクシィプロフィール写真も削除だ、削除!

 児ポ法で「写真の撮影&所持」は禁止ってのは勿論尤もだ。だって写っている「モデル」という個人が「実際に(現実世界に)」居るわけじゃんさ。迷惑かかるよね、その子に。

 でも架空のモノ(漫画・芸夢・アニメ等)にまでその手が及ぶのはどうかよ、と。
 無論、元ネタがくっきりしちゃっている(2次元化作品とかなw)のは自主で減らせば良い感じもするが、想像から創造したモノに関して迄手が入るとなると、これは黙っては居られねぇ。

 私ぁ頭が悪いんで、表現の自由とかそういった高尚な事言わないけど、もう絵に関してまで「あ、これエロいから取り締まります」って今になるじゃんさ。じゃあ全部のエロを禁じたら平和で安全な社会が来るとでも思っているかね、と? モナリザの手で勃起(by JOJO4部:吉良吉影)したら、じゃあダヴィンチは「エロ絵を公開した犯罪者」になるんかいとw
 こういう時必ず「性犯罪を助長する」とか、物凄い上からの『知ったか』を言われるけど、じゃあ「エロいモノが合ったから性犯罪が増えました(またはその逆)」って統計は、絶対に取ってない気がするじゃん。マジメに考えて、国側としてこういった統計は実際に凄くやって欲しいし、キチンとした研究チームを作ってデータを公式に取ってくれるのなら、それに対する文句も言えようものだ。
 何でも規制して「ダメ」って言うのは意外と簡単だけど、じゃあその「ダメ」を作った分で何かを「これは良し!」って言ってくれない事が多いのが何か納得いかないのは、私が頭悪いからかしら? 全部ダメになった後、じゃあ何が残るのか。何も残らないのか。残らないのなら、じゃあその失った分は何で補填をしだすのか。混迷はすすむなぁ。


 さて、リアルな炉写真集なら兎も角、じゃあウチのエロリーな漫画群はどうなるんじゃい! と。
 もう「いや私ぁ2次元専門脳だから、大~丈夫っ」とは言ってられんとは、前々から思ってたけど、こうやって実際に2次元にも手が伸びて、今は「『準児ポ法』に適用」とか、もう何だよ『準』て! 曖昧で便利な言い回し考えるのが上手いな、御上はっ!!
 っていうか、完全に巻き込まれ事故にしか思えない。世界を挙げて企業でもやってるけど、児童買春が悪い事は判ってる、もう重々な。だって被害者が居るもんさ。

 だけど、じゃあそういった2D(=架空)作品が有るから、そういう犯罪が起きるっていうのは、もう公式なのか? と。「3D(=実際世界)で無理だから、脳内補完として2Dでやってます。ロリ絶対駄目!」と、毎月胸を張って主張し続けているコミックLOの主題広告が、もう大好きで仕方ない。アレ、マジで纏まってくれないかしら。国会に提出すんぞ?w

 それと「写実的じゃなければ大丈夫」みたいな事も、じゃあその線引きは何が基準になっているのか、と問い詰めたい。キャラの主線は何ミリ以上? 1ページにおける緻密性は何ピクセル程度まで? とか、書いてて絶対に管理無理って判ってきたぜ、畜生。

 ……と、色々な杞憂なあるものの、出版業者だって馬鹿じゃないから、恐らくは「自主規制」策は頭にあるだろうけど、モノを作る側としては、それによって「描きたいモノが描けない状況」が一番怖いんじゃないのでは? と考えちゃう。
 事実、コンビニ売りのエロ漫画雑誌には、一切セーラー服のおにゃのこ出て来ない(精々ポロシャツ程度)のは結構有名。

 更に、作り手側が捕まった事例が出てしまうと、恐らく規制側が「ほーら、漫画とかアニメ作ってる人の中にも小児性愛者がいるじゃな~い」という事から「実写の児ポを規制するだけではなく、創作物としてのポルノも規制しないと!」なんて流れになるのは、火を見るより明らかな気がしない? こういう時、凄い上から目線せめて来るんだよな、政府って。

 無論児ポの野放しは本当に困るけど、それ以上に表現への規制が、マジ困る。
 何故かと言うと、大抵私の趣味・嗜好・シチュエーションは、何かと現法に触れる描写が多いからだったりするわけで。ああ、私の脳がオカシイさ、そうですとも!


 前述したけど、実際に性犯罪を犯した人間の部屋から、ソレっぽい本が出てきた事実もあるので「ほーらやっぱりな」ってなるじゃん。
 それは全然構わないけど、全児童愛好家(凄い日本語だなw)が実際に犯罪してるかっていうとそうじゃないし、ほんの一握りのケシカランやつを十把一絡にして、更にソレが犯罪の助長になったのかの証明が出来てないのと、辛い事ではあるけど「逆に助長し得ない可能性」ってのもキチンと積めないといけないのも判る。
 私の良く言う「実際に駄目なんだから、脳内ファンタジーの補填としての読みモノとしての、2Dエロ補充」ってのが『ガス抜き』とするならば、じゃあそれが「犯罪抑制として統計は取ってあるのか」って言われると下を向いて拳をプルプルさせながら黙りこむしかないし、社会的に『普通』な多くの人からは「コイツ、自分で犯罪予備軍だって認めたぜ」ってなる事が多く、同志のイメージはどんどん下がっていくわけで。
 もう何やっても駄目なのかなぁ orz


 ココまで書いてきて息切れ。あと軽い発熱!w
 たまに興奮して脳内からドッバドバと流れる液に身を任せて文章を書いたら、もう腕が痛くなってきたし。……まだ若いな~、ワシ ( ´_ゝ`)

 読んで下さったのなら、まぁこういう頭がおかしいヤツも居るのだ、と思ってくだされば幸い。

 ああ、『スカガー』のDVD7巻ジャケが刺し替えられてる!! これも上記の影響なのか!
 ……と、取り敢えず改悪前のはケシカランので保存しておくさね。



 さて、閑話休題。
 ちょと楽しかったので、アゲておく

 ……で、あっしの結果は下記。

まついちさんの結果

 ちょ、沢城嬢からっ! 丁度今やってる(後述)芸夢のヒロインの中の人だったりして、ちょっと赤面して体温が上がっちまう、童貞丸出しチックな私。凄い回数フってるし。「……俺死ねっ!(と言いつつ、自分の腹部を全力で殴打)」
 そしてどうしても能登嬢から離れられない私。もう結婚するしかないじゃんさ(ココだけ棒読み)。……これがダチにバレたらまた囃し立てられるに違いないっ! orz


 名付けって orz
 『椰子』と書いて『なごみ』と読ませるのなら……いや駄目だ、夜な夜な歩き回る娘になっちまう。勿論その後、子供に寝首をかかれても、大人になってから「一生恨んでやる」と呪いの言葉の享受を納得するのなら、それで良し。
 つーか名前ってそんなもんじゃねーだろうに。芸名や渾名、あまつさえペットの名前と勘違いしているんじゃあんめーな。


 やべぇ、リボに『クラウザー様』が光臨なされたぞ! これはアレか、春閣下と並べて1秒間に10レイプか!?(もう意味不明)
 地味に、『YF-19』と『YF-21』がツボ。ピンポイントバリア同士のあの殴り合いが再現出来るのかっ!!



 PSP『ギレン』ティターンズルート開始。辛そうだなぁ……。

 最初の敵勢力はエゥ-ゴのみ。地上は中立地帯も多いので、占領自体は楽な感じ。
 増えたとはいえ、仲間が相変わらず少ないし、イベント絡みで外れる事もあったり裏切ったり……と目が離せない(エマさんは寝返るだろうし、カクリコンは死ぬだろうし、ジェリドは負傷が多い模様)。元アルビオン隊の3人だけが頼みだぜ。

 序盤の主力はクゥエル。索敵が無いものの、上位機種(の筈)であるGM2の性能を上回りつつ、1Tで生産出来るのが強い。運搬は相変わらず、ミデア改とマゼラン/サラミス級。チマチマ進むしかないかな。
 イベントがMk-2云々しか発生して無いけど、どう頑張っても良い結果になりそうにない予感がするなぁ……っていうか自軍が有利になるようなイベントが全く思いつかない。ちなみに『AoZ』は映像化してないのと、後半にサンライズが離れたっぽいのもあって非公式作品扱い。せめてこいつら(=T3部隊の4人とハチャメチャMS部隊)が居てくれたらな~。


 『天使ノ二挺拳銃』。小巻ルート終了。

 後半の「昨日の敵は今日の友」のベタ加減が好きでたまらない。まぁ良美の所業を小巻には教えられないわなぁ。
 小巻が元研究者だけあって、途中に天使の素性の事や人間との関わりが説明挿入される。これだけ硬派な設定の天使は、他には無いわなぁw


 『オペレーション・ダークネス(以下『オペダク』表記)/アルケミー』始めました。……凶360ソフトは中古に出回るのを待たないと、定価が高くていけねぇやな。
 史実+ファンタジーの王道。残念ながらベースになっている『WW2』関連は一般人が驚くほどに、全く詳しく無いので楽しみは半減だが「表舞台(=史実)ではこうだったけど、裏(=主人公側の部隊視点)では実はこうでした」というノリなので、まぁ知らなくても全然構わないっちゃあ構わない。

 システムは、どうって事のない戦術SIM風。
 英国特殊部隊に所属し、独国相手に大暴れ……な感じか。

 確かに画面のポリゴンは貧弱過ぎ(初期のPS2並)だし、カメラの視点が思うように行かなかったり、ステージが長い割に中断セーブが無い・アイテムがマトメ買い出来ないのもアレだが、SIMとしてはライトながら、楽しめる出来。

 敵味方問わず、死体からアイテムと武器を漁るシステムと、装備重量と行動順の関係(重装備だと、なかなか順番が回って来ない)などが良い感じに噛み合っている。ハナから軽装のまま参戦して、死体から武器を調達……という事も可能。
 基本は長射程からの撃ち合い(なので、ココでカメラワークの重要性が意味を持ち始めるw)で、序盤はスナイパー最強。あと、敵戦車の圧倒的な火力と凶悪さ。芸夢内ながら「戦車は人間一人が太刀打ち出来るモノじゃない」と実感させられる。何度砲弾で吹き飛ばされ、キャタピラに押し潰された事か……。

 独のロンドン爆撃で家族を失った英国兵士の主人公と相棒。任務中に瀕死を負い、同軍の特殊部隊に命を助けられた後、その特殊部隊に異動。
 その特殊部隊は首相直属の部隊で、後方支援や戦場撹乱・人質救出や工場の破壊などを扱っていたが、やがて敵勢力にも死体操作や怪物も出だして、その部隊が異能力者集団で有る事が判明……。
 ちなみにこの隊では、唯一主人公の相棒だけが一般人(瀕死だった主人公は隊長の輸血を受けてしまった)。中の人も豪華で印象にピッタリ。

 まだまだ序盤で、精々ゾンビ兵が出だしたり、(主人公と相棒が)隊の正体に気付いた辺り。
 支援攻撃の「カバーアタック(=追撃)」「カバー・アンブッシュ(=待ち伏せ)」が楽しすぎ。前線にスナイパーを2人派遣して、バシバシをザコを葬れる。


 今日は長丁場。たかが日記だけど、実はコレがストレス発散法なんじゃないかと、最近思う。自己満足の羅列をダーっと書き連ねられるのって素敵。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/18(火) 02:35:20|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<08/03/18 牛乳飲んで寝るべぇ~ | ホーム | 08/03/15 多分起きたら忘れてる>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsu1.blog6.fc2.com/tb.php/759-7b402ad7

まついち

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。