まついちの小屋blog

本家(只今作成中)より日記分はココに更新。 日々、瑣末な事への突っ込み日記毎晩更新。 ご意見・ご感想は気軽に「コメント」にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

08/10/02 愛と勇気と夢ハリセン

 風邪でダウン。

 友人宅に届けものをしつつ、その帰り。道路を走行中、急に悪寒がして鼻水が出てきて頭がガンガン、軽く咳も出てくるしお腹も痛くなって嫌な汗もかいてきて体中が「風邪です、風邪が攻めてきましたーっ!」って感じで猛アピール。ヴぉぉおお。
 すぐに帰宅して服薬しつつ寝る。

 そういや今朝、原付を盗まれてスンスン泣く夢を見て、起きた時に掛け布団を抱き枕宜しく丸めて右半身を横にしてしがみ付いたままだったんだが、体の左側がものっそい冷たくなってt…… こ れ だ ! !
 取り合えず、快方。


 あとついでに、マウスが逝った。ペンタブ付属のコードレスタイプで、右側のクリックスイッチ(私は左利きなんで、左右を逆に配置してるのね)が効きにくくなった感じ。
 でも、丸6年くらい使ってるはずなので、寿命と思えるからまぁ良し。良く頑張ってくれた!
 今は、ペンタイプのやつで操作中。まだ慣れてないのでおっかなびっくり・ギクシャク状態。


 『SRW Z』。20話までかな?

 集団名(=ZEUTH)が決まり、段々とチームが纏まってきて、やっと小隊編成とかが自由に出来る段階に。
 今作、新規参入作品が多すぎる為、序盤ステージに各作品のプレストーリーをしないといけない為に、アチコチに話が飛んだり強制出撃とかが多くて管理が大変。


 『R2』FINAL TURN. 友人宅で見せて貰った最終回。

 兄妹そろって、考えることは同じ。世界中の敵になって一生過ごすことを選んでたのね。でもナナリーは目を見開いたせいで、結果兄のギアスの効果を浴びる事に。皮肉なもんだ。
 でもど~せルルさんは、背中越しに実妹から浴びせられる本気罵声にニヤニヤしつつフル勃起だったに違ぇねぇ。

 オレンジサザーランドは、アプサラじゃなくてデンドロでした。……まぁダチとも話してたけど、第一パージまでは予想通り。その後のもう一回は反則。そういやサイボーグだしな。将来スパロボに参戦したら『MX』ん時の黒百合みたいな技(=ディストーションアタックS)になりそうだなw
 ……にしても、サイボーグ化の呪縛から打ち勝つ・偉大な主にも仕えた・ナイトオブシックスには勝利する・キャンセラーでアーニャの記憶は取り戻す・スザクゼロを全力で見逃す・オレンジ畑をお世話するわ……もうこいつ主人公でも良い位の格好良さ。なんて漢なんだっ!

 スザクとカレンの超人(もしくは変態)頂上決戦にも決着。エナジーウィング同士での空中戦⇒ランドスピナーでの地上戦が燃えシチュすぎる(KMF戦はこうでなくっちゃねw)。
 ……で結局ジノは、落下したカレンを支えるクッション役しか出来なかった木偶の坊扱いかよ~ orz 居なくても良かt(略

 そしていつもの「2ヵ月後」。時間飛ばしが多いのも作風になってるよなぁ~。
 一時的とはいえ、本当に「世界征服を成就した主人公」ってなかなか居ないんじゃないか?(私的には「地球大統領」になった『J=U=タイラー』を挙げたいが、アレは小説版だしなw) 本人としては、もう捨てる物が何も無い状態なんで、何やっても良いんだけど手腕的に流石の一言。

 で、発動される鎮魂歌。世界の悪を一身に背負う事が、王の力を行使し、世界にこれだけ無茶をした罰。でもここで本当に刺さないようだったら軽蔑するんだよな~。そういう「いかにも生きている道」を示唆するヌルい作品は他に多いしね。
 そして実妹のエロ奴隷服を見納めにするルル坊主。抜かりねぇねぁ。絶対あのコーディネートは兄本人だろう。無駄に鎖に繋がってない腕輪とかは、趣味に違いない。

 対してスザクは、一生ゼロとして生きていく罪を選択。ルルが死んだと仮定して「生きろ」ギアスの効力が無くても、彼は仮面を取らない人生なんだろうなぁ~。

 最後までルルの真意に気付けなかったカレンと、ちゃっかり幸せ出世になった扇にほだされたヌゥ先生の株がド急落。うう、畜生 orz
 エピローグはお約束。R2からの黒の騎士団は、ほぼ全員生き残りか。藤堂・千葉が留袖って事はゴール出来たようですな。……あ、星刻が居ねぇ。
 扇ジャパン始まった。こいつ大した活躍しなかったのに嫁さん(&子孫)貰った挙句、首相かよ! ジェレミア並に勝ち組過ぎるなぁ~。

 ルルの生死云々。私的には、勿論死んでくれてる方が纏まってて好きなんだが。「撃たれる覚悟」は完了してたし、生きているとしたら責任を親友と妹に全乗っけそて逃げた事になって、格好悪すぎだしね。
 ただ一つ気になるポイントは、ゼロ・レクイエム後に生存させたシュナ兄の事。ルルは後のゼロになるスザクに「『ゼロに従え』ギアスが在るから大丈夫~」て言うけど、かけたルルが死んだらギアスは破棄されるのかどうか? って所。
 ……まーでも、皇帝の「記憶改竄ギアス」は、彼の死後も効果在ったみたい(ナナリーとかアーニャの例)だし、問題無いのかな? 作中ではギアス能力や起源について、結構蔑ろにされてた(発生起源とか効果期限とか)し、作品としては意外に重要視されないファクターなのかもしれない(ギアスシーンによく使われる「木星?のイメージ」の伏線とかも未回収だしね~)。

 兎も角、1期2期合わせて1年4クールを楽しませて貰った。……久々に毎週鑑賞が楽しみな作品だったし良き哉。
 さー、今週からは気持ちを切り替えて「武力介入」だぜ。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/03(金) 04:18:49|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<08/10/03 高鳴るの 胸の予感 | ホーム | 08/09/30 この胸に抱きしめ 羽ばたいていける>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsu1.blog6.fc2.com/tb.php/870-e8e7ec3c

まついち

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。